寛永16年2月1日(1639年)『三河物語』の大久保彦左衛門80歳で死去

寛永16年2月1日(1639年3月5 日)『三河物語』の著者で旗本の大久保彦左衛門忠教(ただたか)が死去。80歳。晩年に書いた『三河物語』は脚色があるものの自身の家康との従軍体験記で、貴重な証言。
現存唯一の著者自筆本が愛知県の音羽産業蔵で重要文化財。
トップ写真は愛知県岡崎市の大久保彦左衛門の墓(大久保家代々の墓がある長福寺)。

長福寺(岡崎市)

長福寺の解説パネルから
「この寺は以前、鳳来寺の末寺として天台宗であったが、日蓮の弟子目印が1318年、京都に上る途中に立ち寄り、法華宗に改宗させた」と本尊の脇書に記されています。1547年6月、大久保家の初代宇津忠茂が長福寺に葬られて以来、大久保家の菩提寺になりました。 宇津家は後に大久保に改姓し、「三河物語」を残した大久保彦左衛門の墓も 「死後は長福寺に葬るべし」との遺言により、一族の墓とともにこの寺に建てられています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 昭和9年3月16日 内務省が瀬戸内海・雲仙・霧島を最初の国立公園に指定。

  2. 菱川師宣「見返り美人図」が国宝どころか重要文化財でもない件

  3. ホテルルートイン豊橋駅前【愛知・豊橋】

  4. 明治24年(1891年)3月8日 神田駿河台にニコライ堂が開堂

  5. 明治31年(1898年)3月29日 東京美術学校(現・東京藝術大学)校長の岡倉天心が免職

  6. 嘉永2年4月18日(1849年5月10日)浮世絵師葛飾北斎90歳で死す

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。