本・雑誌・テレビ

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 本・雑誌・テレビ

    【書評】『テンセントが起こすインターネット+世界革命』(アルファベータブック…

    恐ろしくなりますね。中国の実力。共産党が伸びる企業にガッチリ組み込まれているという怖さだけでなく、テクノロジーファー…

    • 本・雑誌・テレビ

    【書評】原始、世界初のプログラマーは女性だった 『コーダーズ』

    プログラミングのことを今はコーディングという。プログラムはコード、プログラマーはコーダーだ。これは、世界の潮流なので…

    • 本・雑誌・テレビ

    【書評】読書猿『独学大全』他者との違いを楽しむ独学ブームよ、来たれ!

    700超ページの分厚い『独学大全』をようやく読み切った。著者の読書猿氏が辞典のように使ってと書いているので、隅から隅…

    • 本・雑誌・テレビ
    • 近現代

    【書評】データを盗み、分析し、トランプ大統領を生んだ衝撃の告白『マインドハッ…

    欧米では、大変な話題となっているが、日本ではあまり知られていない事件に、「ケンブリッジ・アナリティカ(Cambridge Analy…

    • 未分類本・雑誌・テレビ
    • 小説

    道化として生きている社会人のための小説『半沢直樹 アルルカンと道化師』(池井…

    TBSのドラマ「半沢直樹」が記録的な視聴率で終わりました。 初半沢でしたが、ふつーに面白く、もう「おしまいDEATHか?」とプ…

    • 本・雑誌・テレビ

    サーキュラー・エコノミーとはなにか?持続可能、SDGs、クローズドループ

    サーキュラー経済(エコノミー)やSDGsという言葉を最近、よく目にします。2020年のノーベル平和賞に、国連世界食糧計画…

    • 本・雑誌・テレビ

    鉄学者?哲学者?

    今週の週刊文春で、政治学者の原武士の経歴に、鉄学者と。一見すると、哲学者の誤植と思うが、最近はツッコミ待ちであえて変…

  1. 日本共産党噂の真相
    • 本・雑誌・テレビ
    • 近現代

    【書評】日本共産党の裏部隊「第二事務」とは?篠原常一郎『日本共産党噂の真相』…

    Youtubeは、面白い芸人ばかりが人気というわけではなく、非常にカテゴリーが細分化されている。例えば、北朝鮮ウォッチャーと…

    • 本・雑誌・テレビ
    • 近現代

    ミッドウェイ海戦で釜ゆで?!戸高一成、大木毅著『帝国軍人』(角川新書)

    戸高一成、大木毅著『帝国軍人』(角川新書)の書評です。あらゆる歴史には、事実はあるが、「たった一つの真実」というもの…

    • 本・雑誌・テレビ

    インパール作戦の師団長解任とコロナ下の少年ジャンプの異動の共通点

    第二次大戦の中で、Wikipediaで「史上最悪の作戦」と書かれているのが、インパール作戦だ。高木俊郎による一連のインパールの…