【書評】『VUCA時代のグローバル戦略』 それでも地球化(グローバル化)は進む

今年ほど世界のことを考えた年はない。

パンカジュ・ゲマワット著『VUCA時代のグローバル戦略』( 琴坂将広監訳 / 月谷真紀訳、東洋経済)を読了。

激動の世界で何が変わり、何が変わらないのか。グローバル経営の世界的権威が戦略立案のためのフレームワークを提供する、というもの。

原著はコロナ以前の2018年5月刊行なのだが、すでにトランプ大統領当選(これも近く退陣するわけだが)とブレグジットから、画一的なグローバル化は終わりを告げたとする。(グローバル化を信じてるのが中国のアリババのジャックマーと挙げているのも、コロナ以後では隔世の感がある。)

VUCAとは、変動性、不確実性、複雑性、曖昧性の4つのキーワードの頭文字。この見立ては、全くコロナ後も当たっている。

本書の示すのは、大きく2つあり、一つは【グローバル化を過大に評価しない】こと、もうひとつは【グローバル化自体を止めることは不可能なこと】だ。

矛盾するようだが、世界史の大きな流れでは、ゆっくりとグローバル化が進んでおり、この流れは止められない。

一方で、グローバル経済よりも、各国のローカル経済(そして文化も)のほうが依然として大きく、ローカルを無視した「グローバル経営」はうまくいかないということだそうだ。


本書は、300ページとそれほど厚くないが、定価は3,300円。購入する本はだいたい1000円台、高くても2000円台までがほとんどなので、ちょっと高い出費かと思ったが、日本ではわからない「世界」を知るには、妥当な値段と言えるかもしれない。中国の深センの熱(コロナ前だが)を描いた高須正和、高口康太編著『プロトタイプシティ』(KADOKAWA)と合わせて、読めたことで、グローバル経済(および中国がなぜ強いか)の認識をさらに広げることができた。

 

関連記事

  1. 鉄学者?哲学者?

  2. インパール作戦の師団長解任とコロナ下の少年ジャンプの異動の共通点

  3. 直感ですが…前方後円墳と水田の関係は時期がずれてるだけ

  4. 令和でもますます遠ざかるニーチェの「千の目標 一つの目標」

  5. 初めての芥川賞読破 「背高泡立草」(古川真人)の感想とあらすじ 図解スキルが必要です 162回芥川賞

  6. ミッドウェイ海戦で釜ゆで?!戸高一成、大木毅著『帝国軍人』(角川新書)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。