週刊新潮と週刊文春は前者の方が最近面白い

そう感じています。

自分の主観と思ってましたが、そう言う意見が業界にはあるようです。

週刊SPA(2019年7月9日号)の週刊匿名記者座談会です。

ただこの座談会での話題は週刊新潮が中吊り広告に誤ったことを書いて急遽、引き上げて、大損害と言う話でした笑

新潮では、巻頭コラム(片山杜秀さん)も面白いですし、この筆者不明の「マネー」もすごい。

知らないことばかりです。

例えば6月20日号。個人的にあまり興味はないが、地面師に積水ハウスが55億円も騙された事件で、と、警察と検察の供述調書を入手した、とサラリと書かれて紹介されている。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 初めての芥川賞読破 「背高泡立草」(古川真人)の感想とあらすじ 図解スキルが必要です 162回芥川賞

  2. 令和でもますます遠ざかるニーチェの「千の目標 一つの目標」

  3. 「世界サブカルチャー史 欲望の系譜 アメリカ理想の50s」 NHK BSプレミアム

  4. 【書評】『理系読書』(犬塚壮志)ある意味画期的かつ本質的な読み方

  5. 永久保存決定!「甦る仏像ー奈良と新納忠之介」『ひととき』2月号

  6. 情報を軽んじて軽んじて山本五十六を死なせた帝国日本海軍の「海軍甲事件」「海軍乙事件」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。