週刊新潮と週刊文春は前者の方が最近面白い

そう感じています。

自分の主観と思ってましたが、そう言う意見が業界にはあるようです。

週刊SPA(2019年7月9日号)の週刊匿名記者座談会です。

ただこの座談会での話題は週刊新潮が中吊り広告に誤ったことを書いて急遽、引き上げて、大損害と言う話でした笑

新潮では、巻頭コラム(片山杜秀さん)も面白いですし、この筆者不明の「マネー」もすごい。

知らないことばかりです。

例えば6月20日号。個人的にあまり興味はないが、地面師に積水ハウスが55億円も騙された事件で、と、警察と検察の供述調書を入手した、とサラリと書かれて紹介されている。

  • コメント: 0

関連記事

  1. KGBの前身ソ連の秘密警察組織「NKVD」とは?自国民数百万人を粛正したスターリン秘史、ネイマーク著『スターリンのジェノサイド』の書評とまとめ

  2. 直感ですが…前方後円墳と水田の関係は時期がずれてるだけ

  3. 深緑野分『ベルリンは晴れているか』の書評や名言、まつわる史実

  4. 紫式部曰く「朝日新聞は良くあるノンフィクション風のフィクションですね」

  5. 江戸時代を通じてあった「何年たっても農地は原価で買い戻し特約」は実は江戸後期オンリーの特例だったようだ。

  6. 地図が大盛り「歴史人」2018年6月号の特集「戦国時代の全国勢力変遷地図」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。