承和2年3月21日(835年) 空海、62歳で没す

承和2年3月21日(835年4月22日) 弘法大師・空海、没す。62歳。密教「真言宗」の開祖。
空海自筆の書では、「聾瞽指帰ろうこしいき」(高野山・金剛峯寺蔵)、「尺牘三通(風信帖)」(教王護国寺=東寺蔵)、「金剛般若経開題残巻(六十三行)」(京都国立博物館蔵)、「金剛般若経開題残巻(三十八行)」(奈良国立博物館蔵)、「潅頂歴名」(神護寺蔵)、「大日経開題」(醍醐寺蔵)、「狸毛筆奉献表〈伝弘法大師筆〉」(醍醐寺蔵)が国宝。
空海が使ったものでは、中国で密教を学んだ恵果阿闍梨から伝領したと伝えられる袈裟「犍陀穀糸袈裟」(東寺蔵)、「密教法具」(伝弘法大師将来)〉(東寺蔵)が国宝。袈裟が納められていた蒔絵の容れ物「海賦蒔絵袈裟箱」も国宝(東寺蔵)。

根津美術館「仏具の世界」展で弘法大師空海画像(重文)が展示中。

関連記事

  1. 慶長12年2月20日(1607年) 出雲の阿国が歌舞伎踊りを上演

  2. 建久9年1月17日(1198年2月24日)後鳥羽上皇が院政を始める

  3. 長治2年2月15日(1105年)奥州藤原氏の藤原清衡が平泉に中尊寺造立

  4. 仁安2年2月25日(1167年) 平清盛が厳島神社に参詣し書写した般若心経を奉納(平家納経)

  5. 弘仁14年1月19日(823年3月5日) 東寺(教王護国寺)を空海に賜う

  6. 養和2年3月15日(1182年) 源頼朝が北条政子の安産祈願のために若宮大路を造らせる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。