正慶2年1月26日(1333年)信濃国の大法寺の三重塔(国宝)建立

正慶2年1月26日(1333年2月11日)信濃国の大法寺の三重塔(国宝)建立。
現住所は長野県小県郡青木村。写真は文化庁HP(文化財等指定データベース)から。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 承徳3年1月24日(1099年) 近畿地方の大地震で奈良の興福寺西金堂損壊

  2. 明治9年(1876)4月1日 官庁、日曜全休、土曜半休に

  3. 仁安2年2月25日(1167年) 平清盛が厳島神社に参詣し書写した般若心経を奉納(平家納経)

  4. 国宝2件 泉屋博古館東京の「安宅コレクションの名品選101」に行きました。

  5. 正安2年3月18日(1300年) 浅草寺(東京・浅草)が再建される

  6. 【書評】輝ける、そして迷惑な老人列伝『くそじじいとくそばばあの日本史』(大塚ひかり著)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。