嘉永2年4月18日(1849年5月10日)浮世絵師葛飾北斎90歳で死す

嘉永2年4月18日(1849年5月10日)浮世絵師葛飾北斎90歳で死す。江戸の浅草にて。

強烈な個性でも知られ、次々に変えたペンネームは画狂老人や卍などこれも個性的。

北斎はヨーロッパの印象派やゴッホらにも影響を与えた。浮世絵師だが、直筆の作品も多い。代表作は「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(トップ画像、東京国立博物館蔵、colbaseより)。知名度の上ではいまだない浮世絵の国宝指定の最有力かもしれないが印刷物で多数現存しているので、実際に指定しようとするとその範囲が難しい。むしろ、ユネスコの世界記憶遺産かもしれない。

重要文化財には、直筆の『日新除魔図』(九州国立博物館蔵)、《ニ美人図》(MOA美術館蔵)、《潮干狩図》(大阪歴史博物館蔵)がある。

https://twitter.com/kyuhaku_koho/status/1648250017134649351?t=E4dVIoW7JSPStrZU_GQxRQ&s=19

 

関連記事

  1. 天禄4年2月27日(973年4月3日) 薬師寺、金堂・塔以外を全焼

  2. 柴田是真と能楽展(国宝能楽堂資料展示室)の感想

  3. 瀧山寺 運慶作の仏像に納められた源頼朝の毛と歯【愛知・岡崎】

  4. 重要文化財の秘密(東京国立近代美術館)の感想戦と漏れた重文を追いかける

  5. 東北へのまなざし 1930-1945 東京ステーションギャラリー 感想戦

  6. 貞観6年1月14日(864年2月24日)慈覚大師円仁71歳で亡くなる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。