推古17年4月8日(609年5月16日) 飛鳥時代の仏師・鞍作鳥が丈六釈迦像(飛鳥大仏)を完成

推古17年4月8日(609年5月16日) 飛鳥時代の仏師・鞍作鳥、丈六釈迦像を完成させ、飛鳥寺(奈良県明日香村、当時の名称は元興寺=奈良市の元興寺とは別)に安置する。元興寺縁起より、日本書紀では推古14年完成とする。

この丈六釈迦像が、銅造釈迦如来坐像として重要文化財。火災で損傷が激しく顔などは新しいとみられていたが、近年の研究では、かなりの部分が飛鳥時代のままとの考えも出ている。

「日本最古」といわれながら、国宝になれない仏像がある。飛鳥寺(安(あん)居(ご)院、奈良県明日香村)にある飛鳥大仏(銅造釈迦如来坐像、重要文化財)だ。国宝になれないのは、後世の補修箇所が多く、造られた7世紀当時の部分がほとんど残っていないからとされているが、最新の研究では、オリジナル部分が従来考えられていたよりも多く残っているとの結果も。飛鳥大仏に国宝指定の報は届くか。(産経新聞、2018年10月27日)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 天保2年1月6日(1831年2月18日)禅僧良寛が死去

  2. 天平21年2月2日(749年)行基が82歳で死去

  3. 慶長15年1月9日(1610年2月2日)徳川家康が名古屋城の普請を命じる

  4. 元禄2年3月27日(1689年) 松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出発

  5. 大化5年3月25日(649年) 蘇我石川麻呂が誣告による謀反の疑いをかけられて山田寺で自殺

  6. 慶長12年2月20日(1607年) 出雲の阿国が歌舞伎踊りを上演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。