文久3年3月13日(1863年) 近藤勇らが新撰組を結成

文久3年3月13日(1863年4月30日) 将軍徳川家茂に随行して上洛した浪士組のうち、京都に残留した近藤勇らが新撰組を結成。

京都府立京都学・歴彩館が所蔵する重要文化財「革嶋家文書(二千四百五十九通)」には、京都の革嶋家と長州藩の品川弥二郎(1843~1900)や薩摩藩の高崎正風(1836~1912)等との交友を示す書簡類には、「新撰組」「奇兵隊」など注目される内容を含んでいる(国指定文化財等データベースより)、そうです。

関連記事

  1. 承和元年1月8日(834年2月19日) 空海が初めて「後七日御修法」を宮中で実施

  2. 弘仁14年1月19日(823年3月5日) 東寺(教王護国寺)を空海に賜う

  3. 国宝「渓陰小築図」(京都・金地院)は新オフィス開設祝いの胡蝶蘭?

  4. 元亀4年4月4日(1573年5月5日) 織田信長が二条城で将軍足利義昭を取り囲む

  5. 建長6年1月23日(1254年)湛慶、三十三間堂の本尊、千手観音坐像を造る

  6. 慶応4年4月11日(1868年5月3日) 江戸城無血開城。徳川慶喜は、引退し水戸に退隠

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。