明治10年(1877)4月16日 クラーク博士が札幌を去る

明治10年(1877)4月16日 札幌を去るクラーク博士が島松駅逓で見送る札幌農学校(現・北海道大学)の生徒に馬上から「Boys be ambitious(青年よ 大志を抱け)」と言葉を残して立ち去る。明治11年(1876)10月に建設された札幌農学校演舞場(時計台)は重要文化財。

明治9年(1876)、北海道開拓の指導者となる人物を養成するため、札幌農学校が設置。アメリカのマサチューセッツ農科大学学長のクラーク博士らが招聘される。

クラーク博士の構想で、明治11年(1876)10月に札幌農学校演舞場が建設。名前の通り、兵式訓練のための施設で、入学式や卒業式などが行われる中央講堂としての機能はサブだった。
時計台の機能は当初はなく、3年後の明治14年(1881)8月に黒田清隆開拓長官の指示で時計塔(ハワード社製の振子式塔時計)が付設され、8月12日に時刻を報せ始めました。
明治36年(1903)に農学校が現在の北海道大学の位置に移転したあと、札幌市が譲り受けた。
昭和45年(1970)に、時計台は、旧北海道道庁庁舎などとともに「北海道開拓初期の貴重な洋風建築遺産」として重要文化財に指定される。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 砲火の下を若いドイツ将校に身を守られてハイヒールで走った杉原千畝の妻の回顧 書評『六千人の命のビザ』

  2. 国宝2件 泉屋博古館東京の「安宅コレクションの名品選101」に行きました。

  3. 柴田是真と能楽展(国宝能楽堂資料展示室)の感想

  4. 昭和33年(1958年)2月26日 日本画家・横山大観が89歳で亡くなる

  5. 明治31年(1898年)3月29日 東京美術学校(現・東京藝術大学)校長の岡倉天心が免職

  6. 貞観6年1月14日(864年2月24日)慈覚大師円仁71歳で亡くなる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。