明治24年(1891年)3月8日 神田駿河台にニコライ堂が開堂

明治24年(1891年)3月8日 神田駿河台に日本ハリストス正教会教団復活大聖堂(ニコライ堂)が開堂。重要文化財。
シュチュルポフ設計、コンドル設計。煉瓦及び石造の一階建で銅板葺、建築面積は805.3平方メートル。
文久元年(1861年)にロシヤから来日した伝道師ニコライが創建した正教会。原設計はペテルブルクの建築家ミハノール・アレフイエウイチ・シチユールポスで、実施の設計はジョサイア・コンドルが行ったとされています。
明治17年(1884年)に起工し、明治24年(1891年)に竣工されました。様式はロシア系ビザンチン風。関東大震災で鐘楼、ドームが破壊し、内部も焼損の復興によって大きく損壊し、岡田信一郎の設計で復興され、創建時と大きく形を変えています。しかし、窓枠をのぞく壁体は当初のままを残しています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 昭和9年3月16日 内務省が瀬戸内海・雲仙・霧島を最初の国立公園に指定。

  2. 明治15年(1882年)3月20日 上野博物館(後の東京帝室博物館、現在の東京国立博物館)が開館

  3. 【国宝】尾形光琳「燕子花図屏風」根津美術館

  4. 天武10年3月17日(681年) 天武天皇が皇子や臣下らに帝紀・上古の諸事を記定(のちの「日本書紀」)させる

  5. 菱川師宣「見返り美人図」が国宝どころか重要文化財でもない件

  6. 寛永16年2月1日(1639年)『三河物語』の大久保彦左衛門80歳で死去

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。