長暦3年2月18日(1039年) 延暦寺僧3000人が天台座主の人事反対を訴え強訴

長暦3年2月18日(1039年3月15日) 延暦寺の僧侶3000人余が藤原頼通(よりみち)の高倉第門前で、明尊(みょうそん)の天台座主補任反対を訴える。いわゆる強訴。扶桑略記より。

画像は、延暦寺などの僧侶の傲慢さを天狗にたとえた重要文化財「天狗草紙 延暦寺巻」の一部(鎌倉時代・13世紀、東京国立博物館蔵 Colbaseより)。

藤原頼通(ふじわらのよりみち)とは?
992~1074年
摂政・関白を務めた摂関期の藤原氏のトップ。宇治に平等院鳳凰堂を建てたことで知られる。
摂政太政大臣藤原道長の息子で、母は左大臣源雅信の娘の倫子。1017年、父から譲られてわずか26歳で後一条天皇の摂政となる。2年後には関白に。1027年(万寿4年)に父道長が死去して、実権を握る。
1051年(永承六年)には、陸奥の安倍氏が反乱を起し、源頼義に追討を命じられる、いわゆる前九年の役が勃発。また、宮中でも自立を図る天皇と対立。晩年は平等院に住み、83歳で没した。

明尊(みょうそん)とは?
971~1063年
書の名人として有名な小野道風の孫(小野篁の玄孫)にあたる。
1017年(寛仁元年)に権律師。1021年(治安元年)に権少僧都に任ぜられ、1028年(長元元年)には権大僧都に。
1030年に比叡山の麓の園城寺のトップ(長吏)になるも1年で辞任。
その後、1038年(長暦2年)に大僧正になり、再び園城寺長吏になる。天台座主の就任が見込まれたが、1039年に比叡山の3000人の僧侶に反対(強訴)により、その人事は凍結。ほとぼりがさめた1048年(永承3年)に第29世の天台座主に就任する。93歳の長寿を全う。90歳のお祝いでは、藤原頼通が白河亭で宴席を設けた。

関連記事

  1. 見努世の友を見たおかげでまだ見ぬ「みぬ」さんに会えた

  2. NHK大河ドラマ特別展 「どうする家康」 三井記念美術館で買ったポストカード

  3. 養和2年3月15日(1182年) 源頼朝が北条政子の安産祈願のために若宮大路を造らせる

  4. 天保2年1月6日(1831年2月18日)禅僧良寛が死去

  5. 応徳3年4月7日(1086年5月22日) 高野山金剛峯寺の国宝「仏涅槃図」が完成

  6. 応永35年1月18日(1428年2月3日)室町4代将軍足利義持、43歳で死去

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。