近現代

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 東京
    • 近現代展覧会

    大倉集古館 明治維新で官軍の兵站担当としてのし上がった政商大倉喜八郎のコレク…

    大倉集古館という変わった名前の美術館が虎ノ門のホテルオークラの敷地内にあります。建てられた順では、ホテルオークラが先…

    • ニュース
    • 近現代

    東南アジアで「最も信頼できる国」の世論調査で中国が日本を抜かして1位の衝撃

    中国政府の傍若無人には、世界があきれ果てて、世界中で信頼度を落としている、に違いないと思い込んでいた。2022年9月4日の…

    • 東京
    • 江戸時代鎌倉・室町時代近現代

    東京国立博物館150年記念の「未来の国宝」 見返り美人や上村松園「焔」は話題…

    今年創立150周年の東京国立博物館では、10月からすべての国宝(89件)を一挙公開する「国宝東京国立博物館のすべて」が開かれ…

    • 本・雑誌・テレビNHK
    • 近現代

    「世界サブカルチャー史 欲望の系譜 アメリカ理想の50s」 NHK BSプレ…

    新番組「世界サブカルチャー史 欲望の系譜」がNHK BSプレミアムで5月7日から始まりました。全何回かはわかりませんが、1…

    • 未分類
    • 近現代

    戦車T-90とT-80の違いはiPhoneとiPadの差で考えるとわかる気が…

    ロシアがウクライナに侵略戦争をはじめて10日が経ちました。ツイッターでは主にウクライナからの情報が積極的に発信されてい…

    • 未分類
    • 近現代

    ぐぐるな危険!発禁となった殺人遺体の写真集が国会図書館でインターネット公開

    やばい本は「発禁」(発売禁止)という処置が戦前の日本にはあった。戦後の憲法で言論の自由が保障されたため、政府や自治体…

    • 本・雑誌・テレビ
    • 近現代

    【書評】データを盗み、分析し、トランプ大統領を生んだ衝撃の告白『マインドハッ…

    欧米では、大変な話題となっているが、日本ではあまり知られていない事件に、「ケンブリッジ・アナリティカ(Cambridge Analy…

  1. 日本共産党噂の真相
    • 本・雑誌・テレビ
    • 近現代

    【書評】日本共産党の裏部隊「第二事務」とは?篠原常一郎『日本共産党噂の真相』…

    Youtubeは、面白い芸人ばかりが人気というわけではなく、非常にカテゴリーが細分化されている。例えば、北朝鮮ウォッチャーと…

    • 本・雑誌・テレビ
    • 近現代

    ミッドウェイ海戦で釜ゆで?!戸高一成、大木毅著『帝国軍人』(角川新書)

    戸高一成、大木毅著『帝国軍人』(角川新書)の書評です。あらゆる歴史には、事実はあるが、「たった一つの真実」というもの…

    • 本・雑誌・テレビ
    • 近現代

    ブラック企業は差別的か、言葉狩りか 塩見鮮一郎『差別の近現代史』(河出文庫)…

    BLM(Black Lives Matter=黒人の命は大切だ)運動が飛び火して、日本の「ブラック企業」との言い方は、ブラックイコール悪…