国宝2件 泉屋博古館東京の「安宅コレクションの名品選101」に行きました。

泉屋博古館東京の「安宅コレクションの名品選101」に行きました。

お目当ては国宝「飛青磁 花入」と国宝「油滴天目茶碗」の国宝コンビ!展示スペースに溶け込んで美しかったです。

モコのビーナスの愛称ですごく推されていた「加彩 婦女俑」は、現代インド的美人なふっくら美人さんでした。

ほぼすべて撮影可なのもうれしいですね。

この展覧会の正式名称は「大阪市立東洋陶磁美術館 安宅コレクション名品選101」。
安宅コレクションは、安宅英一さんというボンボンの実業家が蒐集した陶磁器ですが、安宅さんは古美術の目利きでしたが、経営センスはいまいちだったのか、
古美術に嵌り過ぎたが故なのか、昭和52年に経営破綻。千点近いこのコレクション(前年に売却)の散逸が国家的な損失となると、国会質問までされる問題となり、関西を地盤とする住友グループが支援して、大阪に安宅コレクションを収蔵する大阪市立東洋陶磁美術館(英語の略称がモコ)が作られました。
安宅英一さんは「狂気と礼節のコレクター」「美の猟犬」と評され、そのコレクションの蒐集のためにとったあらゆる手段(の一部でしょう)も紹介されていて、骨董品の鬼という感じで、蒐集エピソードも面白かったです。
モコのビーナスが表紙の図録も買いました。本としてもとまっていて良い本です。ぜひ買いたい1冊です。

5月21日まで。入場料1000円

  • コメント: 0

関連記事

  1. 行方不明となっていた重要文化財3件を文化庁が購入

  2. 慶長15年2月24日(1610年) 絵師・長谷川等伯が72歳で死去

  3. 元禄2年3月27日(1689年) 松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出発

  4. 瀧山寺 運慶作の仏像に納められた源頼朝の毛と歯【愛知・岡崎】

  5. 東京国立博物館150年記念の「未来の国宝」 見返り美人や上村松園「焔」は話題も 超絶技巧過ぎて伝わらない8月の未来の国宝

  6. 宝亀10年2月8日(779年) 淡海三船、鑑真の伝記『唐大和上東征伝』を撰す

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。