天保2年1月6日(1831年2月18日)禅僧良寛が死去

天保2年1月6日(1831年2月18日)、禅僧良寛が死去。74歳(75歳とも)
新潟県の個人蔵、良寛遺墨(阿部家伝来)が重文。
ヘッダー画像は東博蔵の良寛の自筆賛(ColBaseより)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 元和2年4月17日(1616年6月1日)徳川家康、75歳で死去

  2. 「やせ蛙負けるな一茶これにあり」は信州の山寺でみた旺盛な蛙の生殖行動をみて詠った病弱な息子への応援歌

  3. 慶長15年1月9日(1610年2月2日)徳川家康が名古屋城の普請を命じる

  4. 推古30年2月22日(622年) 聖徳太子(49歳)斑鳩宮で死去

  5. 「古美術逍遙~東洋へのまなざし」(泉屋博古館東京)感想

  6. 1月1日「和漢朗詠集」を撰じた藤原公任死す

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。