慶長20年1月5日(1615年2月2日)キリシタン大名高山右近、国外追放先のフィリピンで死す。64歳

慶長20年1月5日(1615年2月2日)キリシタン大名高山右近、国外追放先のフィリピンで死す。64歳。
茨木の大名でしたが、家康の禁教令に従わず改易されましたが、超優秀な人物で、とくに城造り、加賀前田家にスカウトされ、城造りのスペシャリストとして活躍。しかしさらに厳しいキリシタン追法令が出たため、海外追放とりました。

大名時代の所領だった大阪・茨木市の旧家で大正9年に見つかったのが、教科書で有名なザビエルの肖像画(重文)です。画像はWikipediaから。
高山右近の改易後も地元の人にはほそぼそとキリスト教のものが江戸時代を通じて伝わっていたのでした。高山右近の人なりと信仰の深さのなせる奇跡の伝承と言えるでしょう。

関連記事

  1. 享和2年1月25日(1802年)木村蒹葭堂が亡くなる

  2. 養和2年3月15日(1182年) 源頼朝が北条政子の安産祈願のために若宮大路を造らせる

  3. 文明13年3月9日(1481年) 足利将軍の御用絵師・宗湛(そうたん)、69歳で死す

  4. 元亀4年4月12日(1573年5月13日) 武田信玄、出征中に病没

  5. 鶴岡八幡宮の名刀ー歴史に宿る武士の信仰ー 鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム

  6. 慶長12年2月20日(1607年) 出雲の阿国が歌舞伎踊りを上演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。