菱川師宣「見返り美人図」が国宝どころか重要文化財でもない件

浮世絵の代表的な作品、菱川師宣の「見返り美人図」は、東京国立博物館のシンボル的な存在で超有名ながら、実はまだ重要文化財にも指定されていません。

今年度の「未来の国宝」では一番に登場し、秋の東京国立博物館のすべて展ではトリを飾りました。

浮世絵の創始者とも言える菱川師宣(1630?〜1694)なのになぜ?

それは、この作品が戦後に有名になったから、かもしれません。

昭和23年(1948年)に記念切手1号がこの見返り美人だったのです。

なぜ重要文化財になれないのか?それは、描かれているのが主に悪所と呼ばれる吉原などの「風俗業」を描いているからかもしれません。

平成や令和では、そんなことが指定の障害になりようがありませんが、昭和は格式があったのかもしれません。なにせ、江戸時代には同じ悪所であった演劇関係(つまるところ歌舞伎)は、明治以降に庶民の風俗から「伝統文化」へとクラスアップに成功しました。ですので、歌舞伎役者の錦絵は重要文化財になってるものも複数(写楽など)あります。

もうそろそろ見返り美人も重要文化財になっても良いのではないでしょうか?

中島みゆきの「見返り美人」もサブスク解禁になったことですし。

 

 

関連記事

  1. 民俗芸能公演「祭りの四季」国立劇場小劇場の感想文

  2. 慶長15年1月9日(1610年2月2日)徳川家康が名古屋城の普請を命じる

  3. 天保2年1月6日(1831年2月18日)禅僧良寛が死去

  4. 色々ヤバい!泉屋博古館東京「不変/普遍の造形ー住友コレクション中国青銅器名品選ー」展の感想文

  5. 【国宝】尾形光琳「燕子花図屏風」根津美術館

  6. 天明8年1月30日(1788年) 京都で大火、内裏や二条城の本丸御殿が炎上

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。