文楽「女殺油地獄」(国立劇場)感想イラスト

国立劇場の文楽「女殺油地獄」を見に行きました。歴史の教科書で近松門左衛門の代表作として、このタイトルを見てずっと気になっていた演目。タイトルのまんまでした^^; 凄かった…

与兵衛「南無阿弥陀仏」←じゃないでしょ!(#・∀・)ヤメロヨ

お吉「今死んでは年端も行かぬ3人の子らが流浪する。それが可愛い 死にともない」

(;_;)

関連記事

  1. 承和元年1月8日(834年2月19日) 空海が初めて「後七日御修法」を宮中で実施

  2. 慶長20年1月5日(1615年2月2日)キリシタン大名高山右近、国外追放先のフィリピンで死す。64歳

  3. ワールド・クラスルーム展で購入したポストカード

  4. 大蒔絵展(三井記念美術館)の国宝7件すべてを見た感想

  5. 「古美術逍遙~東洋へのまなざし」(泉屋博古館東京)感想

  6. 国立劇場の新春歌舞伎遠山の金さん感想文

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。