色々ヤバい!泉屋博古館東京「不変/普遍の造形ー住友コレクション中国青銅器名品選ー」展の感想文

3000年前の中国青銅器がヤバすぎる件。こんなにもなにかを鑑賞して興奮したのはトップガン・マーベリック以来かも(笑)

泉屋博古館東京「不変/普遍の造形ー住友コレクション中国青銅器名品選ー」展を開幕2日目に見に行きました。

六本木一丁目駅を降りると日曜なのに妙な人だかりが!まさか、超人気なの?と一瞬思いましたが、群がってる人たちは、地下鉄を舞台にした脱出ゲームみたいなイベントでした。

ライトアップされて美しい泉屋博古館東京


泉屋博古館東京の中国青銅器で、混むはずもなく。
しかし、その内容は、凄かったです。凄すぎます。

虎が人を食べてるところ


これが狭義の「壷」だ


写真撮影もほぼすべてオッケー。ただ、カシャカシャ音がかなりうるさいのでイヤホン持参を強く推奨です^^; ずっと音楽聞きながら見てました。

重要文化財は2つ。おそらく日本で出土した三角縁神獣鏡とかだと思いますが、もう、比べないで、日本の邪馬台国、ヒットポイントゼロよ、っていうくらいの中国青銅器の圧倒的、変態的なクオリティーの高さよ。

肩身の狭い重要文化財の三角縁神獣鏡さん

どうして、その後、これほどの高い技術の青銅器廃れたのか、謎です。

面白かったのは、ホントウは怖い中国青銅器なエピソード。

不吉な鳥だったミミズク。悪を持って悪を制するみたいな感じだったらしい。これをカワイイとは思ってなかったってこと

古代中国は、門番を、わざと足を切断して動けなくさせた罪人を2人配置する習わしだったんだとか。
動けずに、一日中、ひたすら座らされている一方で、食事は主と同じ良いものを食べれたのだとか。

絶対に拡大してみてはイケない青銅器


中国と言えば、宦官が有名ですが、足を取っちゃうバーションの罪と、その後の高待遇があったみたいですね。いやー知らなかった。怖い怖い。

また、形によって、色々細かく名称がカテゴライズされているのも面白かったです。壷とか盤かと鼎とかは、その一つでしかなかったんですね。なんで、そんなに細かく分けるのか?ただ、このカテゴライズは、二千年後の西暦だと1000年とかあたりに、青銅器ルネサンスが起きて、分類されたかもしれないそうです。

文字はオマケ?


この変態的な複雑なデザインの一部に過ぎなかった漢字の原型が、漢字だけ発展して、ついには「書」みたいに、シンプルを、極めた形で、文化の中心になるのですから、歴史は面白いですね。
この展覧会は満点!

関連記事

  1. 民俗芸能公演「祭りの四季」国立劇場小劇場の感想文

  2. 慶長15年1月9日(1610年2月2日)徳川家康が名古屋城の普請を命じる

  3. 【国宝】時雨螺鈿鞍(永青文庫) 天才的(=変態的)な超絶細かい技巧の雨あらし

  4. 安永10年1月7日(1781年1月30日)奇想の画家、曽我蕭白が逝去

  5. 昭和54年(1979)1月20日、古事記の「筆録」した太安万侶の墓誌が奈良県で出土

  6. 新橋にウクライナと和食のフュージョン料理店「スマチノーゴ」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。