週刊新潮の片山杜秀コラムが面白い

令和とともに始まった週刊新潮の片山杜秀さんの巻頭コラム「カキュウトウセン」(変換されない)は今週号(6月6日号)で5回目。

今のところ、すごく面白い。
今週号は、本人の学生時代の生徒会の書記の話からで、面白い。

頭良さそうなので、開成かなと想像して、もちろん「帝一の國」で脳内変換した。

片山杜秀さんのイメージは森園会長笑

あと、スターリンが人間性に問題がありとレーニンは考えていたので、閑職であるだろう書記にしたら、とんでもない権力を握ったという話を思い出した。

それは事実なのだろうか?

書いてある本を見つけたい。

今週号は、松下政経塾の「成れの果て」を取材したジャーナリスト出井康博さんの記事も面白く読んだ。松下政経塾、あったなぁそんなの、という読み方ですが。

週刊文春は飯島勲さんのコラム

文春は相変わらず飯島勲さんのコラムは楽しい。

トランプがアンチオバマであることは自明ながら、泊まるホテルまで変えるとは!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 情報を軽んじて軽んじて山本五十六を死なせた帝国日本海軍の「海軍甲事件」「海軍乙事件」

  2. 京都の仁和寺で特別内拝が5月15日から

  3. 「好き」と「嫌い」以外の部分の方が多い

  4. ハノイ会談は第二次朝鮮戦争の開戦につながる歴史的な会談として将来記憶されるか

  5. ブルジョア趣味で広める共産主義

  6. ハヤシライスの名前は丸善の創業者・早矢仕さんから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。