アジサイがあんまり好きではなかった

梅雨を前にしてアジサイの季節。

綺麗な密集した青い花を咲かしている。

私はずっとこのアジサイを好きではなかった。嫌いでもなかったが。

なぜか。最近、ようやく分かった。

散り際が「醜い」のだ。桜のようにさっと散らず、美しかった過去を引きずるように、グジグジになり、色褪せ、梅雨の雨の中で、衰えていくからだ。

年を取り、見た目が衰えていくことに怯えて、それを体現するアジサイを見て

「好きでない」と避けていたのだろう。

今年、アジサイの枯れる様までじっくり見て、受け止めようと思っている。アジサイはそんな感情移入する傍観者のことを気にせずに咲き誇り、そして朽ちていくだけなのだが。

アジサイの語源は、複数ある。(下は小学館の『日本語源大辞典』より引用)

「あじ」は集まる、「さい」は青色(真藍で読みはさあい)が有力らしいが、2番目の「アヂ」は「褒める」と言う説が今の気分にはすっきりくる。

さあ、街に出て、アジサイを褒め、自分も褒めよう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ハヤシライスの名前は丸善の創業者・早矢仕さんから

  2. 山田太郎当選!参院選

  3. 週刊新潮の片山杜秀コラムが面白い

  4. 令和でもますます遠ざかるニーチェの「千の目標 一つの目標」

  5. ブルジョア趣味で広める共産主義

  6. 国民必見!宮内庁所蔵の狩野永徳や北斎から国宝の雪舟、尾形光琳まで!東博特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。