田辺聖子の訃報で瀬戸内寂聴の存命を知る

恋愛小説家(と言っていいのだろう)田辺聖子さんが91歳で亡くなった。

現代の恋愛小説はほぼ読んだことがないので、氏の作品も読んだことがないのだが、訃報の新聞記事(読売新聞、6月11日、文化面)の中に、コメントを寄せた中に瀬戸内寂聴さん(97歳)とあって驚いた。

それはそうと田辺聖子さん。1966年に、4人の子供を持つ開業医の川野純夫さん、通称「カモカのおっちゃん」と事実婚をしたとのこと。おっちゃんは2002年に亡くなっており、これは不倫関係なのかと、思った。

現代、不倫は有名人の場合、下手をすると犯罪行為よりも重い社会的罰を与えられるケースが目立つ。昭和40年代に、この関係は、どのような形で社会に受け止められたのかが、気になる。

当時は、売れっ子作家は文藝春秋にとっても、新潮社にとっても、現代よりもドル箱だったはずなので、経済的な理由から、批判的に週刊誌に封じられなかった、と想像している。

そのうち、1966年の週刊新潮と週刊文春を見てみたい。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 4月1日をおふざけの日から解き放った改元発表

  2. 思想を処罰するのではなく「飲酒政治禁止法案」を

  3. 岐阜城はだれの城か

  4. 名古屋城木造天守閣は「新築のレプリカ」と中日新聞の社説と障害者差別解消法に反した熱海市のケース

  5. 歴史には所有権があるという韓国の新聞

  6. まさかの日本海海戦前夜?しかも相手は韓国海軍?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。