ヘイトスピーチをチェックするGoogleの中の人の気苦労やいかばかり

グーグルは、インターネットに蔓延、そして日々作られるヘイトスピーチを自動的に検知する。

それは、AIの仕事なので、コンピューターに任せればいい。

しかし、上のグーグル謹製ブログによると、AIで見つかったものを、ヘイトスピーチか否かは、人力でやっているらしいです。

スラングだったり、揶揄だったり、反語だったり、色々あるので、当然と言えば当然だけど、グーグルでヘイトスピーチの専門家認定されると、日々、大量のヘイトスピーチ候補の言葉を浴びるわけですね。

その精神的な負担たるや、いくら高給でも、大変だし、いやになっちゃうのではと想像しました。

神ならぬものが

don’t be evil

かの審判を下すのは、巨神兵の歩む道なのです。

グーグルの裏方を応援してます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 行方不明となっていた重要文化財3件を文化庁が購入

  2. 東南アジアで「最も信頼できる国」の世論調査で中国が日本を抜かして1位の衝撃

  3. 中国「食べ物残すな」命令に即反応して動画を削除するTikTok運営会社のやっぱり

  4. コロナ患者が入院先から「脱走」して温泉で確保された件を思考実験として擁護してみる

  5. 「不要不急の自粛」をしていないか?怖いのはゾンビが来るとパニックになった一般人

  6. アップルが世界の人の動きの減少率を公開中 コロナを克服した台湾が意外に低い

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。