ヘイトスピーチをチェックするGoogleの中の人の気苦労やいかばかり

グーグルは、インターネットに蔓延、そして日々作られるヘイトスピーチを自動的に検知する。

それは、AIの仕事なので、コンピューターに任せればいい。

しかし、上のグーグル謹製ブログによると、AIで見つかったものを、ヘイトスピーチか否かは、人力でやっているらしいです。

スラングだったり、揶揄だったり、反語だったり、色々あるので、当然と言えば当然だけど、グーグルでヘイトスピーチの専門家認定されると、日々、大量のヘイトスピーチ候補の言葉を浴びるわけですね。

その精神的な負担たるや、いくら高給でも、大変だし、いやになっちゃうのではと想像しました。

神ならぬものが

don’t be evil

かの審判を下すのは、巨神兵の歩む道なのです。

グーグルの裏方を応援してます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 東南アジアで「最も信頼できる国」の世論調査で中国が日本を抜かして1位の衝撃

  2. 田辺聖子の訃報で瀬戸内寂聴の存命を知る

  3. 水道「民営化」のモデル宮城県と全国二番目に高い北海道羅臼町

  4. 表現の不自由展で思想教育や表現の自由を制限という前衛アート

  5. 名古屋城木造天守閣は「新築のレプリカ」と中日新聞の社説と障害者差別解消法に反した熱海市のケース

  6. 思想を処罰するのではなく「飲酒政治禁止法案」を

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。