図解、現代語訳「樅の木は残った」プロジェクト

山本周五郎の歴史小説「樅の木は残った」を現代語訳していこうと思っています。

戦後に日経新聞に連載された名著で、著作権は切れており、青空文庫で読めます。

とても面白いのですが、人物呼称を含めて、ややこしかったり、難語、地名などが少々複雑です。

そこら辺をクリアできれば、読み手が増えるのではないかと願って。

まずは、人物の漫画化からです。

主役は、原田甲斐。敵は、伊達兵庫。

読んでいくうちに、重要だと思う人物を描いて増やしていこうと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。