若者のケガ防止より保険金を重視する高野連に唖然

ちょうど5月25日(土)の読売新聞の社会面が見開きで、左がeスポーツが高校で部活として認められるようになっている、との記事。

そして、右には高野連がヘルメットのフェイスガードを保険適用のマークがつかないから禁止という、まさに第二次世界大戦中の帝国陸軍参謀本部の考えたレベルと感じるニュースが対比的に載っていました。

こんなことだと、日本の若者の未来のために、高校野球は一度滅亡したらいいと思います。

プロバスケが一度既存の運営組織を潰して見事に再生したように。

わたしは球児が安全で高いプレーを見たいのです。老人の妄想と官僚主義、懐古主義による若者が潰れていく競技など見たくありません。

関連記事

  1. 欧州の社会労働党を右派と呼ぶくらい事態は変わり混乱してるのだろうか?

  2. 日本遺産のネーミングが群れで見ると萎える件

  3. 水道「民営化」のモデル宮城県と全国二番目に高い北海道羅臼町

  4. 移民の受け入れに微妙な人々

  5. 思想を処罰するのではなく「飲酒政治禁止法案」を

  6. 名古屋城木造天守閣は「新築のレプリカ」と中日新聞の社説と障害者差別解消法に反した熱海市のケース

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。