若者のケガ防止より保険金を重視する高野連に唖然

ちょうど5月25日(土)の読売新聞の社会面が見開きで、左がeスポーツが高校で部活として認められるようになっている、との記事。

そして、右には高野連がヘルメットのフェイスガードを保険適用のマークがつかないから禁止という、まさに第二次世界大戦中の帝国陸軍参謀本部の考えたレベルと感じるニュースが対比的に載っていました。

こんなことだと、日本の若者の未来のために、高校野球は一度滅亡したらいいと思います。

プロバスケが一度既存の運営組織を潰して見事に再生したように。

わたしは球児が安全で高いプレーを見たいのです。老人の妄想と官僚主義、懐古主義による若者が潰れていく競技など見たくありません。

関連記事

  1. 田辺聖子の訃報で瀬戸内寂聴の存命を知る

  2. アベノマスクなんて目じゃない!中国産N95風マスク疑惑で全米激震、大阪にも飛び火?

  3. 月刊「家主と地主」と言う雑誌を初めて知る

  4. 脱ダム、脱ファーウェイのサンクコストと、米中戦争の軍靴の足音

  5. 行方不明となっていた重要文化財3件を文化庁が購入

  6. 3月16日、初めて日本で新型コロナ感染者が減少した日

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。