日本遺産のネーミングが群れで見ると萎える件

2019年5月20日、文化庁が新たに16件の「日本遺産」を認定しました。

日本遺産は、ストーリー性が大事の観光資源やルートに国のお墨付きを与える事業です。2015年度から始まり、今回で計83件に上ります。

ストーリーありきだからこそ光を浴びる有形、無形文化財はたしかにあることでしょう。

しかし、21日の読売新聞に載った一覧。四角く区切られて羅列されています。

なんか萎えません?行きたくなります?

単独なら、それなりのストーリーのネーミングで、観光意欲をそそるものなのかもしれませんけど。

関連記事

  1. 欧州の社会労働党を右派と呼ぶくらい事態は変わり混乱してるのだろうか?

  2. 若者のケガ防止より保険金を重視する高野連に唖然

  3. 名古屋城木造天守閣は「新築のレプリカ」と中日新聞の社説と障害者差別解消法に反した熱海市のケース

  4. 葵の御紋が岡崎城で二条城で相次ぎ「発見」

  5. 4月1日をおふざけの日から解き放った改元発表

  6. 水道「民営化」のモデル宮城県と全国二番目に高い北海道羅臼町

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。