日本遺産のネーミングが群れで見ると萎える件

2019年5月20日、文化庁が新たに16件の「日本遺産」を認定しました。

日本遺産は、ストーリー性が大事の観光資源やルートに国のお墨付きを与える事業です。2015年度から始まり、今回で計83件に上ります。

ストーリーありきだからこそ光を浴びる有形、無形文化財はたしかにあることでしょう。

しかし、21日の読売新聞に載った一覧。四角く区切られて羅列されています。

なんか萎えません?行きたくなります?

単独なら、それなりのストーリーのネーミングで、観光意欲をそそるものなのかもしれませんけど。

関連記事

  1. WHOテドロス事務局長語録

  2. 田辺聖子の訃報で瀬戸内寂聴の存命を知る

  3. 思想を処罰するのではなく「飲酒政治禁止法案」を

  4. 歴史には所有権があるという韓国の新聞

  5. ヘイトスピーチをチェックするGoogleの中の人の気苦労やいかばかり

  6. なぜ高齢化率No1の日本がNo2のイタリアに比べてコロナによる死者数が桁違いに少ないのかの「5大諸説」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。