京都の仁和寺で特別内拝が5月15日から

京都にある仁和寺。真言宗御室派の総本山であるこのお寺では修復を終えて落慶した重要文化財の観音堂が特別公開されます。

普段は修行の場のために非公開と言うことです。

見ものは観音障壁画と千手観音菩薩立像。

春は今年5月15日から7月15日まで秋は9月7日から11月24日まで行われます。

読売新聞に掲載の5月5日の広告より

  • コメント: 0

関連記事

  1. 梅原猛さん死去

  2. ハノイ会談は第二次朝鮮戦争の開戦につながる歴史的な会談として将来記憶されるか

  3. 韓国駆逐艦艦長が40代前半の指揮官なりたての跳ね返りの将校だった可能性

  4. 国民必見!宮内庁所蔵の狩野永徳や北斎から国宝の雪舟、尾形光琳まで!東博特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品」

  5. たしかになんか違う変な韓国の石塔と日本のエディオン城

  6. 令和でもますます遠ざかるニーチェの「千の目標 一つの目標」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。