月刊「家主と地主」と言う雑誌を初めて知る

5月20日(水)の読売新聞の一面下の出版広告に「家主と地主」と言う月刊誌があった。

初めて知った。

これまでも載っていたかもしれないが全く興味がないのでスルーしていただけかもしれない。

特集が「コロナ危機を乗り切る処方箋」で、

テナントからの賃料交渉を敷金相殺で対処

空室をテレワーク需要に対応させ稼働率上昇

と興味深いタイトルが並ぶ。

テナント側の苦境は報じられるが、地主も苦しんでいるのだろう。ただ、現時点では、借り手側の窮状が酷すぎて、資産家への同情は少ない。

家主や地主も、同じ被害者だ。専門誌のアイデアが苦しんでいる地主の役立ってほしいものだと願い、広告を眺めた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 梅原猛さん死去

  2. なぜ高齢化率No1の日本がNo2のイタリアに比べてコロナによる死者数が桁違いに少ないのかの「5大諸説」

  3. 国民必見!宮内庁所蔵の狩野永徳や北斎から国宝の雪舟、尾形光琳まで!東博特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品」

  4. ハノイ会談は第二次朝鮮戦争の開戦につながる歴史的な会談として将来記憶されるか

  5. 名古屋城木造天守閣は「新築のレプリカ」と中日新聞の社説と障害者差別解消法に反した熱海市のケース

  6. 葵の御紋が岡崎城で二条城で相次ぎ「発見」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。