Adsenseをワードプレス(WP)ブログに挿入するためのプラグインAd Inserterを入れてみる

このブログのPVは輪中の集落内規模しかありませんが。

グーグルの広告Adsenseを載せてみようと思います。体験かねて。

まずグーグル公式のページをみると

AdSense を初めてお使いになる場合は、まず、お客様のサイトを AdSense に紐づけていただきます。そのためには、AdSense のホームページでコードをコピーし、お客様のページの HTML(<head> タグと </head> タグの間)に貼り付ける必要があります。WordPress では、次のいずれかの方法でコードを貼り付けることができます。
プラグインを使ってコードを挿入します。こちらのプラグインを使うと、サイトの「ヘッダー」を変更できます。
WordPress のテーマ設定を使ってコードを貼り付けます。テーマファイルを直接編集しないことをおすすめします。
既存のプラグインやテーマの中には、コードを挿入する機能を持つものがあります。パートナー提供による追加リソースとしては次のようなものが挙げられます。
Genesis のテーマ(参照)
Advanced Ads のプラグイン(参照)
Ad Inserter のプラグイン(参照)

とあります。

これまでもグーグルアナリティクス(PVを見たりできるサービス)などでも通過してきた、認証作業ですね。

この3つのテーマとプラグインのうち、1つはテーマ(もうGensenをつかっているのでパス)、AdvancedAdsは参照のHPをみたら英語なんですが、どうやら有料みたいなのでパス。

とういことで最後の選択肢はAdInserterしかなくなりました。これも参照ページは英語です。

まずぐぐって出てきたのがこのページです。

アドセンスの説明では、グーグルがコードさえ貼り付ければ、自動で最適な位置に置いてくれるとのことです。

とりあえずコードと、AutomaticInsertionが「Disable」(使わないってこと?)になっていたので、「Before Paragraphs」にして、広告表示するチェックボックスが全部オフになっているのでonにして、挿入場所を「1」(0~1)にして、Saveしてみました。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 旅の手帖2018年3月号の特集は「むかし町を旅する」

  2. googleに検索されるにはサーチコンソールでサイトマップを送らないといけない

  3. ワードプレスで会話調のふきだしをCSSでつくる

  4. Gensenで作ったサイトをスマホで見たりブクマするとサイト名の前に「ご案内」ってついちゃう問題を解決

  5. GENSENの文字が小さいので大きくする方法 CSSに1行追加

  6. XSERVERでワードプレスを始めようとシンプルなドメイン直下のURLに設定して公開しようとしたところできない→できた!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。