秀吉「非常識の中に未来の常識があるんだ」新シリーズ【日本史の有名人が言いそうな名言】

豊臣姓の創出、天下統一、太閤検地、身分に関係なく1000人を大招待した北野大茶会、日本人奴隷の売買禁止など、日本史の画期となった数々の政策を実現した男、豊臣秀吉。

非常に低い身分にもかかわらず実力で抜擢してくれた織田信長の存在があったからこその「天下人秀吉」であったことは間違いありません。

秀吉本人も、信長のおかげという思いをいだき、信長を越えようとの思いをずっと持っていたのではないでしょうか。

「非常識のなかに未来の常識がある」

そんな戦国の世を一気にのぼりつめた秀吉が言いそうな名言。

「ほかの人間が『あってはならない(是非もなし)』と言うことの中から、新しい真実を見つけだして、それを天下の常識にするんだよ

元ネタは

「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう」

(フェイスブックなどを最初期に投資した投資家のピーター・ティールの言葉)

ピーター・ティール『ゼロ・トゥ・ワン』(NHK出版)より

  • コメント: 0

関連記事

  1. 桶狭間へ!盗んだ名馬で走り出す 織田信長「15(60年)の夜」

  2. 愛?愛染明王の忿怒の炎で敵を焼き尽くすことだろ?直江兼続 日本史の有名人が言いそうな名言

  3. 戦いからの卒業~♪(徳川家康が替え歌してみた)

  4. 南北朝時代の室町幕府の将軍を首相、管領を官房長官にすると色々捗ります

  5. 今川義元「今夜は松平元康ちゃんにどんな教育をしてあげようかしら」【日本史の有名人が言いそうな名言】

  6. 俺はまだバカと呼ばれているか?俺は負け犬なんかじゃないから(武田勝頼が替え歌してみた)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。