聖徳太子「いつもきれいでいろ」十七条憲法「和を以って尊しとなす」以降が関白宣言な件

「逆らうことなきを旨とせよ」
「仏教を尊敬しろ」
「天皇の言うことは絶対に聞け」
「国が一番、地方行政には従うな」
「一人で決めるな。談合しろ」
などなど。
忖度は日本文化!ですね。
霞が関だけでなく、朝日新聞主催の高校野球の甲子園で、みんな「自主的に」「強要されてないのに」丸坊主なところとかもね。(十五条 サッカー部のようにモテたいという私心をおさえてチームのために尽くすのが高校野球部員の道なり 「私を背きて公に向くは、是臣が道なり」)

以下はWikipediaから引用

一に曰く、和(やわらぎ)を以て貴しと為し、忤(さか)ふること無きを宗とせよ。人皆党(たむら)有り、また達(さと)れる者は少なし。或いは君父(くんぷ)に順(したがわ)ず、乍(また)隣里(りんり)に違う。然れども、上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて、事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは、すなわち事理おのずから通ず。何事か成らざらん。
二に曰く、篤く三宝を敬へ。三宝とは仏(ほとけ)・法(のり)・僧(ほうし)なり。則ち四生の終帰、万国の禁宗なり。はなはだ悪しきもの少なし。よく教えうるをもって従う。それ三宝に帰りまつらずば、何をもってか枉(ま)がるを直さん。
三に曰く、詔を承りては必ず謹(つつし)め、君をば天(あめ)とす、臣をば地(つち)とす。天覆い、地載せて、四の時順り行き、万気通ずるを得るなり。地天を覆わんと欲せば、則ち壊るることを致さんのみ。こころもって君言えば臣承(うけたま)わり、上行けば下靡(なび)く。故に詔を承りては必ず慎め。謹まずんばおのずから敗れん。
四に曰く、群臣百寮(まえつきみたちつかさつかさ)、礼を以て本とせよ。其れ民を治むるが本、必ず礼にあり。上礼なきときは、下斉(ととのは)ず。下礼無きときは、必ず罪有り。ここをもって群臣礼あれば位次乱れず、百姓礼あれば、国家自(おのず)から治まる。
五に曰く、饗を絶ち欲することを棄て、明に訴訟を弁(さだ)めよ。(略)
六に曰く、悪しきを懲らし善(ほまれ)を勧むるは、古の良き典(のり)なり。(略)
七に曰く、人各(おのおの)任(よさ)有り。(略)
八に曰く、群卿百寮、早朝晏(おそく)退でよ。(略)
九に曰く、信は是義の本なり。(略)
十に曰く、忿(こころのいかり)を絶ちて、瞋(おもてのいかり)を棄(す)て、人の違うことを怒らざれ。人皆心あり。心おのおのの執れることあり。かれ是とすれば、われ非とす。われ是とすれば、かれ非とす。われ必ずしも聖にあらず。(略)
十一に曰く、功と過(あやまち)を明らかに察(み)て、賞罰を必ず当てよ。(略)
十二に曰く、国司(くにのみこともち)・国造(くにのみやつこ)、百姓(おおみたから)に収斂することなかれ。国に二君非(な)く、民に両主無し、率土(くにのうち)の兆民(おおみたから)、王(きみ)を以て主と為す。(略)
十三に曰く、諸の官に任せる者は、同じく職掌を知れ。(略)
十四に曰く、群臣百寮、嫉み妬むこと有ること無かれ。(略)
十五に曰く、私を背きて公に向くは、是臣が道なり。(略)
十六に曰く、民を使うに時を以てするは、古の良き典なり。(略)
十七に曰く、夫れ事独り断むべからず。必ず衆(もろもろ)とともに宜しく論(あげつら)ふべし。(略)

和をもって尊しとなす以下は。。。(聖徳太子十七条憲法)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 俺はまだバカと呼ばれているか?俺は負け犬なんかじゃないから(武田勝頼が替え歌してみた)

  2. 戦いからの卒業~♪(徳川家康が替え歌してみた)

  3. 桶狭間へ!盗んだ名馬で走り出す 織田信長「15(60年)の夜」

  4. 南北朝時代の室町幕府の将軍を首相、管領を官房長官にすると色々捗ります

  5. 「お父さんと違って本当にいい子」今川氏真 【日本史の有名人が言いそうな名言】

  6. 秀吉「非常識の中に未来の常識があるんだ」新シリーズ【日本史の有名人が言いそうな名言】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。