【書評】データを盗み、分析し、トランプ大統領を生んだ衝撃の告白『マインドハッキング』

欧米では、大変な話題となっているが、日本ではあまり知られていない事件に、「ケンブリッジ・アナリティカ(Cambridge Analytica)」事件がある。

一言でいうと、フェイスブックの個人データを大量に盗み(といっても、厳密には、フェイスブックの性格診断アプリを通じて、金を払って正規のやり方で収集した)、それを分析することで、名前、電話、出身学校、政治姿勢まで、特定の個人情報を浮かび上がらせて、さらにその人たちをSNSを通じて、洗脳させ、選挙結果を左右させたという民主主義における大事件だ。

実際に、このケンブリッジ・アナリティカ社が世論誘導したことで、前回のアメリカ大統領選では、クリントン優勢のみかたの中でトランプ大統領が勝利し、イギリスではブレグジットが有権者の多数を占めた。

ハッキングすることで選挙結果を左右するというと、直接、選挙管理委員会のデータに侵入して、票数を入れ替えるなどのことが想像されがちだが、もっと恐ろしいことに、SNSでフェイクニュースや扇動的な投稿などを効果的に送ることで、人の心を変えさせることができた、というのがこの事件の恐ろしさだ。

このことを告発したクリストファー・ワイリーが書いた告発本がこの『マインドハッキング あなたの感情を支配し行動を操るソーシャルメディア』(新潮社)だ。

スティーブ・バノンらオルタナ右翼とよばれる人々がCA社にお金を払って依頼をしたのだが、この告発者した元社員の経歴が興味深い。

ネトウヨかと思ったら、真逆である。

ゲイで、リベラル派で、24歳で、カナダ人の男性。

CA社も、もともとは、正義のハッカーとして、テロの情報を事前に掴むのが仕事だったのが、金であっさり買収されてしまったのだ。ハッカーというのは、正義にもなれば、悪にもなる、そんな象徴的な側面を反映しているともいえる。

やはり、トランプ大統領の誕生とブレグジット(これは彼がやめたあと)、自分の意思とはむしろ反対のことを、洗脳によって進むことに、良心の呵責があったのだろう、彼は、コンタクトをとってきたジャーナリストに告発をする。

驚くのは、この事件が明らかになる直前と直後のフェイスブックの対応だ。

まず、報道が出ることを掴んだフェイスブックは、この男性を告訴すると脅しをかけて、記事の公開の差し止めをはかったのだ。さらに、フェイスブックはまっさきにCA社に連絡をいれ、CA社のサーバーにアクセスする許可をもらっていたのだ。これは当然、フェイスブックがかかわる痕跡を消そうとした疑いがある。

その隠蔽工作に気づいた捜査機関ICOは、捜査員と護衛の警察官をCA社の現場に急派したところ、フェイスブックから来た調査員と鉢合わせになった。あとわずかのところで、フェイスブックによる隠蔽が実行されたかもしれなかったのだ。

ケンブリッジ・アナリティカ事件では、大きな構図では、フェイスブックは一見被害者のようにもみることができるが、欧米でフェイスブックへの非難の嵐が巻き起こったのは、こうした隠蔽の画策という事情があったようだ。

フェイスブックは、日本でも同じような性格診断アプリがはやった時期があった。

はたして、どのようにそれが使われたのか?

アプリの運営者はどんな組織だったのか?

日本でパンドラの箱が開く日も、いずれくるかもしれない。

 

関連記事

  1. 日本共産党噂の真相

    【書評】日本共産党の裏部隊「第二事務」とは?篠原常一郎『日本共産党噂の真相』書評

  2. 週刊新潮と週刊文春は前者の方が最近面白い

  3. 折輝真透「それ以上でも、それ以下でもない」と佐藤亜紀「黄金列車」の感想

  4. 地図が大盛り「歴史人」2018年6月号の特集「戦国時代の全国勢力変遷地図」

  5. 砲火の下を若いドイツ将校に身を守られてハイヒールで走った杉原千畝の妻の回顧 書評『六千人の命のビザ』

  6. 三体にパワースポットに山口組2020年に歴史好きがおススメする歴史以外の5冊 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。