【国宝】時雨螺鈿鞍(永青文庫) 天才的(=変態的)な超絶細かい技巧の雨あらし

永青文庫の「漆芸コレクション展 かがやきの名品」に行きました。お目当ては、和樂のポッドキャストの漆チャンネルで夏(7月ごろ)に紹介されていた永青文庫の国宝「時雨螺鈿鞍」(鎌倉時代13〜14世紀)が期間限定で展示されているから。この鞍は、2017年の京博の国宝展に出たものの、持ち主の永青文庫では実に16年ぶりの公開とのこと。

漆チャンネルでは、「天才」と紹介されていましたが、実物を見るとその技巧は変態と言って良い(褒めている)凄まじいレベルの工芸でした。

螺鈿は夜光貝を薄く切ったものを貼り付けるのですが、爪楊枝よりも細い松の枝が細かく放射状に広がっていたり、葉っぱの葉脈だけ切り抜いていたりと、とにかく圧巻の一言。

また漆チャンネルでの言葉になりますが、とても一人の作家では完成することができないシロモノ。総合プロデュースとデザイナー、螺鈿細工職人と、チームが必要とのこと。(週刊マンガ連載の制作に近いかもと思いました)

もう少し詳しく書きたいですが、この鞍の展示は11月13日までと短いので、まずは速報。展覧会自体は12月11日までやっています。

ポストカード(ヘッダー写真)は良心的な税込み100円!しかし背景のピンクはふつうに白ではあかんかったのでしょうか?(なぜか関西弁)

永青文庫

関連記事

  1. 茶の湯展(京都国立博物館)で見た国宝18点すべての感想

  2. 焼畑工業で300年後に復活!猿投山麓に点在する古瀬戸の生産基地「国史跡・小長曽陶器窯跡」【愛知・瀬戸】 

  3. 天平勝宝4年4月9日(752年5月26日) 東大寺の国宝盧舎那大仏(奈良の大仏)の開眼供養

  4. 和銅5年1月28日(712年)太安麻侶が古事記を撰上

  5. 静嘉堂文庫美術館(静嘉堂@丸の内)「響きあう名宝ー曜変・琳派のかがやきー」国宝7点すべての感想

  6. 円山応挙の国宝「雪松図屏風」(三井記念美術館)感想

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。