柴田是真と能楽展(国宝能楽堂資料展示室)の感想

柴田是真と能楽展(国宝能楽堂資料展示室)へ行きました。
是真は日本画と工芸のハイブリッド作家。江戸後半から明治期にかけては江戸ナンバーワンの作家だったそうです、知らんけど。

絵画については漆絵がスゴかったです。漆で絵を描いてしまうという誰にも出来ない技で、この漆絵の技法は1代限りだったそうです。現代なら、特別御朱印とかで漆絵あればいいのにと思いました。

絵画では、完成品はあまり展示されていなく、下絵やスケッチがほとんどでした。だが、それがいい!長谷川等伯の松林図屏風も下絵(か手元に置いておく用)用の安めの紙に描いたものであるのは有名です。本画よりももしかしたら良い作品かもしれない、それと同様なことが是真にも言えそうです。

工芸についても、かなり面白かったです。トーハクの常設で印籠や根付がズラッと並んでいても、正直、その優劣は分かりませんでした。しかし、今回の是真は間違いなく、工芸の技術とアイデアの新規性が抜きん出た作家ですので、これこそがトップオブ江戸工芸と、じっくり鑑賞して、その技を堪能することができました。
印籠、文箱、硯箱、櫛とどれもセンスに満ち溢れていました。
展示は、2022/12/23日(金)まで。なんと入場無料。食堂も都心にしてはまぁまぁ安いのにしっかりとした料理でした。大満足です。

ステーキ丼(味噌汁、ドリンク付き)950円

  • コメント: 0

関連記事

  1. 国宝普賢菩薩像を見てきましたトーハクで

  2. 慶応4年4月11日(1868年5月3日) 江戸城無血開城。徳川慶喜は、引退し水戸に退隠

  3. 展覧会「発見された日本の風景 美しかりし明治への旅」

  4. 明治10年(1877)4月16日 クラーク博士が札幌を去る

  5. 年3回だけ開室の東京国立博物館の黒田記念館特別室

  6. ロシアは千島列島も返還せよという共産党委員長の領土観にハッとした

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。