キジも鳴かずば撃たれまい 日本学術会議

日本学術会議の問題では、色々な議論があるが、会員200人に対して、常勤職員がなんと五十人もいるということが明らかに。

職員の人件費が3億円。

野党側にとっては、格好のガースー批判のネタである一方で、政権側にとっても、ハンコを始めとする既得権益との戦いに格好のネタだ。

世論がどっちを問題視するか。

なかなか興味深い問題だ。

関連記事

  1. ハヤシライスの名前は丸善の創業者・早矢仕さんから

  2. 京都の仁和寺で特別内拝が5月15日から

  3. 学級委員長オバマ大統領のいい子発言と言動が新冷戦へ

  4. 月刊「家主と地主」と言う雑誌を初めて知る

  5. ハノイ会談は第二次朝鮮戦争の開戦につながる歴史的な会談として将来記憶されるか

  6. 韓国駆逐艦艦長が40代前半の指揮官なりたての跳ね返りの将校だった可能性

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。