梅原猛さん死去

哲学者の梅原猛さんが亡くなりました。

斬新な古代史論も、今の学術レベルで見ると、松本清張や司馬遼太郎のような小説に近い内容だったかもしれません。

平成は古代史の不人気の時代でした。平成の日本人が歴史にロマンを感じたのは、戦国時代や幕末期。古代史はロマン以外になにかが足りない。

それは次の元号では見えてくるでしょうか。

今一度、梅原猛さんの著書を読み返してみようと思います。

合掌

画像は朝日新聞

  • コメント: 0

関連記事

  1. 韓国駆逐艦艦長が40代前半の指揮官なりたての跳ね返りの将校だった可能性

  2. 情報を軽んじて軽んじて山本五十六を死なせた帝国日本海軍の「海軍甲事件」「海軍乙事件」

  3. 京都の仁和寺で特別内拝が5月15日から

  4. ブルジョア趣味で広める共産主義

  5. ハヤシライスの名前は丸善の創業者・早矢仕さんから

  6. 学級委員長オバマ大統領のいい子発言と言動が新冷戦へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。