直感ですが…前方後円墳と水田の関係は時期がずれてるだけ

朝日新聞の読者面に掲載された古代史の本。

この説明を読んだだけで本を読んでいませんので、「直感」ですが、前方後円墳の周りの周濠が、ため池に見えたのは、のちの時代にため池として再利用されたものだからだと思います。

読んでないので直感ですが。

そもそも、周濠は、漢字からして水堀と思えますが、もともとは空堀でした。(16ページ、若狭徹 2013『古墳時代ガイドブック』(新泉社)

奈良時代には僧侶の行基が、池15ヶ所(行基年譜)などのため池を、おそらく大和国を中心に作っています。奈良時代の律令国家は、古墳という先祖崇拝から、当時の国際基準(現代の資本主義のような)の仏教に舵を切り、奈良の平城京は、天皇クラスとみられる前方後円墳を破壊して造成しています。

前代である飛鳥時代(古墳時代末期とも呼ばれる)の天皇たちの陵墓(基本的に前方後円墳ではなく八角墳など、どちらかというとコンパクトな円墳)を壊すことはありませんが、それより前の前方後円墳について、奈良時代以降もずっと手をつけられることはなかったということは、ありえません。このことは直感ではありません。

関連記事

  1. 週刊新潮と週刊文春は前者の方が最近面白い

  2. 日本共産党噂の真相

    【書評】日本共産党の裏部隊「第二事務」とは?篠原常一郎『日本共産党噂の真相』書評

  3. ブラック企業は差別的か、言葉狩りか 塩見鮮一郎『差別の近現代史』(河出文庫)を読む

  4. 永久保存決定!「甦る仏像ー奈良と新納忠之介」『ひととき』2月号

  5. 【書評】原始、世界初のプログラマーは女性だった 『コーダーズ』

  6. 道化として生きている社会人のための小説『半沢直樹 アルルカンと道化師』(池井戸潤)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。