読み直すマスターキートン 2話 天使のような悪魔

舞台はイタリアのフィレンツェ。スペダリーノ・ドゥオーモという古代遺跡は、ググる限りでは、架空の遺跡らしい。

ローマ人に連行されたガリア人奴隷たちが作った礼拝堂(ドゥオーモ)という設定。

1巻46ページから引用

ローマ帝国によって北部ヨーロッパから連行されたガリア人たちが作ったという設定だと、上の、エトルリア様式の土器が地表面で採取できるのは、少し疑問をもった。

エトルリアは、都市国家から帝国へとなるローマの前の時代の文化だからだ。江戸時代の城跡を歩いていて、弥生時代の銅鐸のかけらを拾った、みたいな違和感である。

もっとも、エトルリア様式というのが、ローマ時代の地域文化を示す可能性もある。ここらへんは調べる機会あれば、いつか調べてみたい。

この話で印象的だったのは、わざと武器を落として、相手をコントロール(武器を拾わせる)して倒す北アメリカ先住民イロコイ族の戦闘ナイフ術だ。

イロコイは、ウィキペディアではイロコイ連邦として項目が立てられていて、かなり充実している。

単独のイロコイ族というのはなく、6つの部族からなる連邦国家の総称であるようだ。ウィキペディアではかなり充実の記述で、「未開」のイメージは覆される。

関連記事

  1. 井伊直政はなぜ大出世できたのか。見た目だけでなくメンタルもイケメンだった

  2. 読み直すマスターキートン 第5、6話「砂漠のカーリマン」

  3. 読み直すマスターキートン 3話小さなブルーレディー

  4. 徳川なんてありふれた地名よ!新シリーズ漫画「毒舌歴女史子ちゃん」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。