「不要不急の自粛」をしていないか?怖いのはゾンビが来るとパニックになった一般人

未知のウイルス、新型コロナウイルスCOVID 19は、その「毒性」の弱さゆえ、感染しても症状が出ない人がほとんどだそうです。そのため健康な感染者が出歩くため、容易に拡散します。

そこで、個人の人権のない中国では、1000万人都市を封鎖と言う強硬手段をとり、日本でも憲法の移動の自由を阻害しない最大規模の強硬手段「学校の閉鎖」をとりました。

日本ではトイレットペーパー、アメリカでは銃弾が売れている

アメリカでは、銃の弾丸が売れているのだそうです。パニックで暴動が起きたら、撃ち殺す気なのです。そう言う思考と消費動向のあんたたちが怖いわ。

福島原発事故もそうでしたが、放射能そのものでの死者は確かゼロ(吉田所長の死因を放射線のせいとする人も居るかもしれないけど、過労死でしょう)。一方、家や仕事をなくして自殺などに追いやられた人は統計データは知りませんが、相当数にのぼるはずです。

コロナの死者は6人

3月6日現在の新型コロナの死者数は何人だと思います?

日本(ダイヤモンドプリンス除く)は6人です!(スマートニュース特設ページの統計より)

スマートニュースの新型コロナ特設ページより

では世界はと言うと、中国を除いて418人。

世界の人口は中国を除いて、約63億人。

6,300,000,000人

418人。

スマートニュース特設ページより

インフルエンザ死者数500倍

さて、新型コロナと似ていながら、コロナよりは怖くないと思われがちなインフルエンザの国内の死者数は、平成30年の統計で、3323人です。新型コロナの500倍も死んでいるのです。逆に言えば新型コロナはインフルエンザの500分の1です。

厚生省の統計

そのインフルエンザよりも、もっと死んでいるのが、

厚生省の統計

交通事故で約4500人。交通事故をゼロに近づけるのは簡単です。自動車や自転車の運行を全面禁止すれば良い。でも、経済的にダメージが大きいので、やりませんよね。

過去最低になった自殺者数の反動が心配

さらに多いのが、自殺で約2万人です。昨年令和元年は、警察庁の速報で、19959人と2万人を切り、統計の始まった昭和56年以降、過去最低を更新しました。自殺は経済的な理由だけとは限りませんが、平成30年のデータでは、3000人以上が経済問題で自殺しています。

そして、自殺者は、例年3月が多い傾向があります。

警察庁のホームページより

警察庁のホームページより

おそらく半年後くらいになって、私たちは「なんであんなに過度な自粛をしてしまったんだろう」と後悔するでしょう。(一部の人は「アベガー」「知事がー」と責任転嫁するでしょう)。

そうならないように、いま「不要不急の自粛」をしていないか、気をつけたいものです。

関連記事

  1. 思想を処罰するのではなく「飲酒政治禁止法案」を

  2. ヘイトスピーチをチェックするGoogleの中の人の気苦労やいかばかり

  3. 空海の直筆が見つかったと言うニュースでワクワクして見てみたら

  4. 日本語の乱れ「ら抜き言葉」から「助詞」にひろがる

  5. 移民の受け入れに微妙な人々

  6. 海と島はだれのものか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。