まさかの日本海海戦前夜?しかも相手は韓国海軍?

軍(自衛隊含む)が関わっている以上、(ゴーン氏の捜査情報以上に)十分で客観的な情報が同時進行で公開されることはないと思いますが、日本海で日韓の軍事緊張が一気に高まってきました。

日韓は、同盟関係にはありませんが、アメリカの同盟国同士として、軍事的には同陣営と見られてきました。

織田信長(アメリカ)の家臣ながら、めっちゃ仲が悪い羽柴秀吉(日本)と柴田勝家(韓国)のような関係と言えるかもしれませんね。

ところでネットでは 偏った情報しか集まらない、集めないのが問題視されています。特に高い知性を自称するリベラルなマスコミ人や学者たちが「真実の悪行をみよ」と、偏った情報に踊らされるのはこっけいです。

ネトウヨは常に踊っているのでその踊りは飽きができています。

ネット社会では、素晴らしいキュレーターサービスに載れば、思いがけない多様性のある視点を得ることができます。

スマートニュースで最近ハマっているのが、朝鮮日報日本語版。

あれ?韓国にこんな真っ当な意見があるんだと驚きました。会話ができる人たちが存在する(という当たり前のことを知る)ことは両国ともに素晴らしいことです。

一方、これまで日本のマスコミに情報を流す通信社聯合通信も日本語版のチャンネルを持ってます。ここは相当な反日報道姿勢

日本の朝日や毎日は、反日嗜好のこの聯合ニュースの配信をもとに、日本政府に「韓国みんな怒ってます」と注進する煽り係ということです。

ところがインターネットの進展で聯合ニュースと言う韓国側のニュース(主張)だけを日本のマスコミが韓国の唯一の見方として流す方法は変わりました。

韓国にもいろいろな考えのマスコミがあり、中でも韓国政権批判を強める朝鮮日報日本語版はとても面白い。これまでは、日本で日韓のトラブルがあると、「韓国は「全韓国一丸」で日本の批判をしている」と聯合ニュースをつうじた既存の日本のマスコミ報道では、そう感じざるをえませんでした。

この韓国の反日姿勢の報道傾向は、リベラルの期待とは違って、一般的な日本人の多くに「嫌韓」ムードが広まった要因の一つと考えられます。人間は、自分のことが嫌いと言っている人のことを嫌うのが自然な感情だからです。

ところが、キュレーターニュースサービスのスマートニュースでは、朝鮮日本語版が非常に積極的に、コラム的な要素で時事ニュースを切る記事がかなりの本数が載せています。必ずしも親日という報道ではありませんが、現在の文政権への非常に強い批判的な新聞で、知日派ではあるようです。

日本の民主党政権時の産経新聞のような立ち位置でしょうか。

 www.chosunonline.com 
「韓国軍艦艇、火器管制用レーダーで自衛隊機狙った」記事への韓国読者コメント
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/12/22/2018122280004.html
「韓国軍艦艇、火器管制用レーダーで自衛隊機狙った」記事への韓国読者コメント

この読者コメント集が国民の声を見れて面白い。片寄った意見が集まってますが、日本と会話できる人たちもいるんだと希望がもてます。

中央日報もスマートニュースに日本語版を出していますが、今回のレーダー事件については割と落ち着いた報道姿勢と言えるでしょう。

反日ムードのニュースを製造している通信社、聯合ニュースは、反日を徹底、とうとう日本軍の偵察機が威嚇したのが悪いと言い出しました。哨戒機って船攻撃できる装備あるの?と思いましたが、これも、韓国マスコミの「朝日新聞」的な立ち位置(現在の韓国では与党の意見)だと分かれば、冷静に見れます。

韓国の駆逐艦は、事実上のイージス艦(広開土王級)ですから、勇ましすぎて、無力な哨戒機がイージス艦へ「攻撃的な」対応をしてきたなんていうのはなんとも無理があります。(と思ったら、その後、韓国政府の公式意見になりおおごとになってきました)

まさかの日本への謝罪要求

追記

その後、韓国政府は、与党の聯合ニュースにリークした(軍関係者によると、だった)とおりに、日本(哨戒機)側が悪いという公式コメントを出しました。

即日、日本の防衛省はこれに反論する発表をしています。

韓国のマスコミ三者の報道がどうなって行くかとても興味深いです。

翌日に、中央日報は両国の上の方はピリピリしてるけど実務者レベルは和気あいあいだったと報じているのです。

なんでしょうこの空気。

12月27日付つまり26日の時点で、韓国日報という(新キャラ)が日本を批判する社説を書いたと、中央日報日本語版が掲載。もうわけわかんない。

以下引用

日本防衛省に自信があるなら『レーダー襲撃』資料から公開しなければならない」と主張した。

つまり「日本は本当に韓国が火器レーザー当てたというなら証拠を出してみろ、ないんだよね?やーいやーい」

と強気です。

ところが27日には両国の実務者テレビ会談が行われました。2時間、平行線。

ということで、日本が28日に証拠の画像を公開するんだそうです。

誰が恥をかくのか、まずは嘘つき海軍(揶揄です)はどっちになるか、開戦前(これも揶揄です)の重要なポイントになるでしょう。

両国がユーチューブで動画主張合戦

防衛省が(一部音声を除き)ノーカットで公開。

13分間あります。

年が明けて1月4日韓国政府が今度は動画でさらなる反論をこれもユーチューブで公開しました。4分半です。

なぜかBGMを入れるという政府公式動画です。日本では官公庁の公式動画(観光CMなどを除き)あまり見ないスタイルですが、韓国では普通なのかどうかはよくわかりません。

朝鮮語のみなのではっきりわかりませんが時事通信の翻訳によると以下のように全面的に日本を批判しているとのことです。

スマートニュースのスクリーンショット

中央日報のニュースはこんな感じです。真っ向から認めず、むしろ日本が謝罪するよう再度強調しています。

https://web.smartnews.com/articles/fwC32EWsgPq

注目の保守系(反ムン政権)の朝鮮日報の読者コメント欄は、以下のようで、現政権批判が多いようです。

利するのは中国そしてアメリカ

韓国側の主張は、素人には理解しがたいですが、基本的には軍同士のいざこざは公表しないという紳士協定はあるみたいですね。

元ツイートは上

しかし、それに対して情報公開をすべしという朝日新聞が、情報公開をする安倍首相は卑怯と主張(しているようにしか見えない見出し)をするのも、報道機関として大義がなさすぎますけど。

日韓海軍の仮想敵は、中国なはずで、これまでの情報公開でも、中国政府は大喜びでしょう。けど、非の無さそうな日本も引くに引けないので、韓国をギリギリまで追い詰めるでしょう。

両国の同盟国であり盟主(主君?揶揄です)のアメリカが最終的に仲裁するはずですが、アメリカも正義の味方でもなんでもないので、日韓双方から、裏でなんらかの見返りをアメリカが得ることで、大岡裁きをすると思われます。

関連記事

  1. ヘイトスピーチをチェックするGoogleの中の人の気苦労やいかばかり

  2. 岐阜城はだれの城か

  3. 歴史には所有権があるという韓国の新聞

  4. 4月1日をおふざけの日から解き放った改元発表

  5. 田辺聖子の訃報で瀬戸内寂聴の存命を知る

  6. 名古屋城木造天守閣は「新築のレプリカ」と中日新聞の社説と障害者差別解消法に反した熱海市のケース

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。