地図が大盛り「歴史人」2018年6月号の特集「戦国時代の全国勢力変遷地図」

歴史雑誌「歴史人」の2018年6月号の特集は「戦国時代の全国勢力変遷地図」。

応仁の乱から大坂の陣、幕藩体制まで100ページくらいで、戦国時代を網羅しています。

年表や図版(CG)をのぞいて、ざっと数えたところ80枚くらいの地図がありました!

見開きに1つはあるというくらいです。

ほとんどは、これまでに使ったものを再利用しているんだと思いますけど、すごい労力ですね。秀吉大返しなみのデスマーチが制作現場では行われたことでしょう。

地図の中身と本文とが全然違うということは、歴史人ではおなじみの現象なので、地図の正確さや新しい情報が反映されているかまではまだよくみていないのでわかりませんけど、地図がこれくらいたくさんあると、おおまかにでも時代の移り変わりをパラパラ漫画のような、アニメGIF画像的にとらえることができて、よいと思います。

ただ、毎度思うけど、CGの質(絵柄ではなく、内容的に)が相変わらずひどいので、なんとかCGも使い回しではなく、ちゃんとバージョンアップしてもらいたいです。

 

 


 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. ブラック企業は差別的か、言葉狩りか 塩見鮮一郎『差別の近現代史』(河出文庫)を読む

  2. 【書評】禁断の文学読書法『(読んだふりしたけど)ぶっちゃけよく分からん、あの名作小説を面白く読む方法』

  3. 世界の警察官の悩み『イラク・アフガン戦争の真実ーゲーツ元国防長官回顧録』

  4. 令和でもますます遠ざかるニーチェの「千の目標 一つの目標」

  5. 三体にパワースポットに山口組2020年に歴史好きがおススメする歴史以外の5冊 

  6. 【書評】読書猿『独学大全』他者との違いを楽しむ独学ブームよ、来たれ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。