葵の御紋が岡崎城で二条城で相次ぎ「発見」

三つ葉葵の御紋と言えば徳川家のシンボル。

徳川家康が生まれた愛知県岡崎市の岡崎城では、葵の御紋の金箔瓦が出土しました。

家康がいた戦国時代ではなく江戸時代になって譜代大名本多氏が入った17世紀前半だそうです。

つまり、家康の死後に、家康を神格化する東照宮の神社、もしくは3代将軍徳川家光の宿舎のために使われたようです。

そして京都の二条城でも、これは徳川家康が作ったのですが、そこにある国宝の二の丸御殿のの壁から葵のの御紋の痕が見つかりました。

二条城ではもともと室内の建具に、葵の御紋を隠すように、天皇家の菊の御紋をかぶせていることが知られています。

同じように建物の表面にも葵の御紋がどーんと大きくおそらく金色で貼られていたのですが、明治時代以降になって天皇の離宮となったため外されたようですね。

関連記事

  1. 行方不明となっていた重要文化財3件を文化庁が購入

  2. 表現の自由のダブルスタンダードその後

  3. 移民の受け入れに微妙な人々

  4. 毎日新聞「中国共産党の世界支配を望む人々も少なくない」

  5. 杉原千畝は「ナチスのホロコーストから」ユダヤ人を救ったのではなかった

  6. 弘仁14年1月19日(823年3月5日) 東寺(教王護国寺)を空海に賜う

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。