読み直すマスターキートン 第4話ダビデの小石

贋作の話。

16世紀のドイツの天才贋作家、マンフレッド・リンツが作ったダビデの彫刻を、偽物と見抜くストーリー。

マンフレッド・リンツでググったら、なんとまさかの架空人物だった。

そういう人がいたのかと、ずっと思ってきていた。ショック!

誰の贋作かというと、イタリアのジュリオ・ロマーノ(1499〜)。まさか、こちらも?

こっちは実在しました!

ウィキにも項目あり。

16世紀のドイツ人の職人は、信仰心がなく、聖書を読んだことがない、だから偽物という展開なのですが、ここらへんは、グーテンベルクの前のドイツ人の職人は文字読めない、くらい、雑な論理ではあるので、ドイツ人のグーテンベルク前のキリスト教などはたぶんちょっと調べれば、覆せるような気がする。

なお、このシリーズは、あくまで、フィクションのマスターキートンに対して突っ込むのが目的ではなく、三十年たって、自分が批判的な姿勢を見につけたのかのおさらいです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ワードプレスでURLから「/wp」を消す

  2. 読み直すマスターキートン 3話小さなブルーレディー

  3. 令和おじさん菅官房長官が人生相談を始めた!

  4. ハヤシライスの名前は丸善の創業者・早矢仕さんから

  5. 韓国駆逐艦艦長が40代前半の指揮官なりたての跳ね返りの将校だった可能性

  6. 戦車T-90とT-80の違いはiPhoneとiPadの差で考えるとわかる気がする

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。