【書評】原始、世界初のプログラマーは女性だった 『コーダーズ』

プログラミングのことを今はコーディングという。プログラムはコード、プログラマーはコーダーだ。

これは、世界の潮流なので、知っておきたい新常識となりつつある。

今回は、クライブ・トンプソン『コーダーズ』(日経BP)を紹介する。

コーダーあえてプログラマーと呼ぶが、世界初のプログラマーは、ビクトリア朝のイギリスの女性、エイダ・ラブラスだったそうだ。

男社会と思われがちで、現時点では圧倒的に男が多いプログラマーの世界だが、本来の適性は男女差ではないと、この本は例をあげて説明する。インドでは、実際、女性の比率がかなり高いという。

同時に、なぜ、アメリカでは男ばかりになったのかの、経緯と理由も。いわば、家庭環境と家庭教育(コンピューターは男の子おもちゃ)の刷り込みであった。これは、日本も同じだ。

では、プログラマー=コーダーの資質はなにか? 著者は、ニューヨークタイムスのジャーナリストなので、データに基づいているわけではないが、敏腕コーダーへのインタビューを重ねた結果、どうやらアスペルガー症候群傾向の人がコーダーに向いているようだ。これも、なかなか興味深い。

フェイスブック、グーグル、ドロップボックス、世界を変えたサービスの創業者は、ほとんどがコーダーである。ソフトバンクや楽天の創業者はコーダーではない。日本のITの未来は、コーダーが新規のサービスや起業することだが、先行きはどうだろうか?

コーダーでは、アメリカに勝てる見込みがある。女性のコーダーを増やすことだ。アメリカ以上に日本では難しそうではあるが。

関連記事

  1. 【書評】『理系読書』(犬塚壮志)ある意味画期的かつ本質的な読み方

  2. 【書評】『叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」』(ひろゆき著)

  3. 深緑野分『ベルリンは晴れているか』の書評や名言、まつわる史実

  4. 【書評】輝ける、そして迷惑な老人列伝『くそじじいとくそばばあの日本史』(大塚ひかり著)

  5. 道化として生きている社会人のための小説『半沢直樹 アルルカンと道化師』(池井戸潤)

  6. ブラタモリ京都東山編で比叡山と大文字山の2つの山稜が白砂の日本庭園を作ったという話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。