【書評】『テンセントが起こすインターネット+世界革命』(アルファベータブックス)

恐ろしくなりますね。中国の実力。共産党が伸びる企業にガッチリ組み込まれているという怖さだけでなく、テクノロジーファーストとプロトタイプ経営の進化の速さのすさまじさ。

ハンコの廃止で騒いでいる日本と比べると、どれだけ中国最先端の企業が、前例打破、「インターネット+」という大目標以外のレギュレーションの少なさ。

言うまでもありませんが、テンセントは、アメリカのGAFAに対比される中国の超巨大企業BATHの一角。日本では、「ウィーチャット」で知られる程度ですが、世界では、ゲーム制作の一大スポンサーとして名高いです。

バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーエイの4社。ファーエイは、ものを売るだけに、ものの販売をアメリカに封じられて青色吐息ですが、他の三社はインターネットサービスなので、兵糧攻めにも耐えうるでしょう。

テンセントの創業者の馬化騰らが書いている公式本で、共産党への忠誠がたびたび出てくるのも、貴重な本といえます。香港を上回る都市となった深センのルポ『プロトタイプシティ』(角川書店)と合わせて、実際の中国経済を把握するためには、必読書です。

関連記事

  1. 【書評】原始、世界初のプログラマーは女性だった 『コーダーズ』

  2. 鉄学者?哲学者?

  3. 初めての芥川賞読破 「背高泡立草」(古川真人)の感想とあらすじ 図解スキルが必要です 162回芥川賞

  4. 江戸時代を通じてあった「何年たっても農地は原価で買い戻し特約」は実は江戸後期オンリーの特例だったようだ。

  5. インパール作戦の師団長解任とコロナ下の少年ジャンプの異動の共通点

  6. 令和でもますます遠ざかるニーチェの「千の目標 一つの目標」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。